RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
リペアしませんか?
 
10年ほど前から愛用しているこちらのウエアを最近patagonia  のリペアーサービスにお直しに出しました。

どこかが破れているとかではないのですが、分かりますかね〜この長いお袖↓

昔はメンズのウエアばかり着ていたので袖が長くてもこんなものかと着ていたのですが、ここ数年は袖が長いのがやはり気になり少し動きにくさもあったので昔より出番が減っていました・・・

でもこの薄くて軽い着心地、カラーが好きで春先やちょっと山に行くときにはよく着てたんです。





最近、今頃になって「ん?袖詰めすれば快適?」とひらめきましてお直しにだしました。


まだリペアから戻ってきてませんが、お気に入りのウエアがさらに快適になって戻ってくると思うとちょっとわくわくしちゃいます♪

ちなみに今回は袖を6センチ詰めていただく修理内容で修理代金は2000円ぐらいです。(自分用でしたので見積もりを聞いたのですが正確な金額を忘れてしまいました・・・)

尚、修理内容、素材によって修理金額は異なります。


patagoniaでは可能な限りお買い上げいただいた商品のリペアを行っています。

ウエアやザックなどが破れたり壊れたりして、もう買い替えかも?って思った時リペアと言う選択もあることをどうか覚えておいてください。

また今回の私のようにちょっと袖や裾の長さが合わず使いづらいと思った時もリペアでより快適な使い心地にアレンジすることが可能です。

(※修理の内容、製品によっては修理できかねる場合もございます。)


リペアサービスについて詳しくはこちらをご覧下さい→☆http://www.go-lands.com/shopping/patagonia_info/customer_sv/customer_sv.html#repair


せっかく自分の手元にやってきた物、大切に快適に長く使い続けていただけたらと思います。





author:Ryou, category:お知らせ, 20:15
comments(2), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 20:15
-, -, - -
Comment
パタゴニアは袖が長いことが多いので朗報ですね。袖詰め2000円はリーズナブル。
僕も最近革ジャンやブーツなど、リペアやカスタムに出して楽しんでます。革製品は案外お金が掛かっちゃいますが、タンスの肥やしを再生するのは気分的にも「いいことしてる〜」って感じで好きです。
Daisuke Takagi, 2012/02/11 8:30 PM
takagi様こんにちは!
タンスの肥やしが復活すると、ちょっと得した気分になりますよね!リペアやカスタムって自分が物を育ててる気分にもなります。人にも物にも愛情を注ぐのって大切なことですね(笑)
ryou, 2012/02/12 5:42 PM









Trackback
url: http://go-lands.jugem.jp/trackback/134